🗐 秋田ハウス・ブログ お役立ち最新情報をお届け!

秋田ハウスのスタッフが最新情報をご提供します!

2022年の投稿(時系列順)[107件](4ページ目)

2022年10月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of itou
「収納率」とは??
こんにちは!秋田ハウスです。
本日は伊藤がお送り致します。

秋が深まり紅葉シーズンですね。
朝晩と日中の寒暖差がだんだん大きくなり、何を何枚着込んで寝るのが正解なのかと日々葛藤しております(;^^)

私事ですが、先週ある試験を受験して参りました!
結果が出るまで気は抜けませんが、今年はこの一日を目指して生きてきたと言っても過言ではないくらい諸々に制限をかけていたので、終わった瞬間、燃え尽き症候群といいますか、魂が抜けたような状態になっています(仕事は真面目にやっていますよ!笑)。
解放感の中、ふと外に出ると虹が・・!良いことがありますようにと思わず懇願です!!
202210251452061-itou.jpg

先日は久々の「家事育児以外何もしなくてもいい休日」だったため、久々にインテリアや住まい関係の雑誌を読んで寛いでいたところ・・・
「収納率」という初めて聞く言葉が目に留まりました。
字面だけでだいたい予想は出来そうですが、学生時代の勉強でも、インテリアコーディネーターの試験でも耳にしたことがない言葉だったので読み進めてみると、

「収納率」=住宅の延床面積に対する収納部分(キッチン背面キャビネットや洗面台内部の収納は除く)の面積比率であることがわかりました。
その後インターネットでも調べてみると、諸説あったのですが、戸建ですとおおよそ12~15%、最低でも10%以上の収納率が確保されていることが理想だという事でした。

そして、いざ知ってしまうと気になって気になって・・計算してしまいましたよ・・・
20221025145206-itou.jpg
計算式:収納面積合計÷延床面積×100
13.11㎡÷125.87㎡×100=10.41%

我が家の収納率です笑

我が家は要所要所に収納スペースがあり、合算すると結構な面積になるに違いないと勝手に思い込んでいたので、「たったの10%?」と思わず拍子抜けしてしまいました。
どうにか巷で理想といわれる数値に食い込むことができたものの、確かに今後のライフスタイルの変化や子どもの成長とともに、ますます収納量は増えていきそうです。

今回の計算によって、断捨離をますます気合いを入れてやろうという思いとともに、図面上で見ると充分に見える収納量でも、実際に計算してみると意外な結果となることがわかりました。
住まう方々の環境や家族構成によっても必要な収納量や収納場所はケースバイケースかと思いますので、一概に「絶対12%必要です!」と声高にご提案は出来ませんが(笑)、今後のプランニングにおいてお客様に詳しくお聞き取りしご要望に見合った収納スペースの確保に努めていきたいと改めて感じました(^-^)

202210251452062-itou.jpg
本日は、伊藤がお送り致しました。

2022年11月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of katou
冬に備えて

こんにちは(^^) 秋田ハウスです。
少しずつ確実に寒くなっていきますね。
体調管理に気をつけてまいりましょう!

運動の苦手な私は、おいしい食べ物でこの冬も乗り切ろうと目論んでおります(^_^;)
甘酒なども気になっていたところ、以前に板状の酒粕をたくさんいただいたとき、そのまま焼いて食べたのもチーズ風味で美味しかった♪と思い出しました。
検索してみると、焼き酒粕として紹介されており、栄養についても紹介されておりました。
酒粕は乳酸菌やアミノ酸やビタミンB1が豊富で、糖の吸収を抑え、脂肪の燃焼を促してくれるそうです。
健康にも美肌にも効果があるのが嬉しいですね!
トッピングには砂糖醤油やシナモンシュガーも合うようです。
いろいろ試してみたいと思います(^^)

20221101114018-katou.jpg

さて、これからの時期は暖房体感に良い時期となっております!
さきがけ展示場は、予約なしでもご見学いただけますので、お気軽にご来場ください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

本日のブログは展示場 加藤が担当しました。
Icon of satou
展示場見学!

こんにちは
秋田ハウスです。

昨日は、秋田工業高校の生徒さんが展示場の見学にいらっしゃいました。
毎年の恒例行事ではありますが、
私が対応するのは初めてでしたので、とても新鮮でした。
20220207141448-satou.jpg

見学にいらした高校生の皆さんは、
高校受験の時点で、既に建築に関心を持たれていたのですね。
中には、小学生の頃から関心があった・・・という方もいらっしゃいました。
皆さんが建築を志望された経緯には、
きっと素敵なエピソードがあるのでしょうね・・・。

住宅展示場に初めて来たという方が多く、
楽しそうに見学されていました。

中でも、3階から玄関を見下ろす吹抜や、小屋裏など、
普段なかなか見られない空間に、人気がありました。

そして、雨上がりの寒い日だったこともあり、
展示場が温かいと好評でした。

さて、展示場では、秋田ハウスの住宅の温かさをご体感頂けます。
皆様、どうぞお越しください!

本日は佐藤が担当いたしました。
Icon of itou
エアコン1台でポカポカの家
こんにちは!秋田ハウスです。
本日は工務課の伊藤がお送り致します。
先日には立冬を迎え、日に日に寒くなってきましたね。
家の前から見える鳥海山もすっかり雪をかぶっています。
202211101507391-itou.jpg
数ヶ月後には雪かきのため少し早起きする必要があるので、今から少しずつ朝型にシフトしたいなあ・・・と思い続けて早2週間が経ちました笑
今晩こそは意を決して21時前に就寝してみようと思います。

白鳥の群れを見かけたり、夜空にオリオン座を見つけたりと、確実に冬へ向かっている気配が感じられます。
暖房器具が手放せない季節となり、今日も各ご家庭で様々な種類の暖房器具がご活躍されているかと思います(^-^)
202211101507392-itou.jpg
当社のマッハシステムはエアコン1台で家中に暖かい空気を循環させることができるため、暖房器具が一切不要です!
石油ストーブやFF式ストーブ、ファンヒーターはもちろん、電気ストーブやパネルヒーター等といった補助暖房も必要ありません。

マッハシステムにより全ての部屋が一定の室温を保っているため、例えば脱衣室は冷えるので補助的に電気ストーブを・・といった必要もございません(^-^)
さらにマッハシステムは調湿機能も備わっているため、結露被害や乾燥がないことから、空気清浄機が不要なのはもちろんのこと、加湿器や除湿器、室内乾燥機等も基本的には必要ありません。
202211101507393-itou.jpg
暖房器具をはじめとするこのような季節家電は、シーズンごとに収納から出入れ・お手入れする手間があり、意外と収納スペースや居室での設置スペースを要したりしますよね。
繰り返しになりますがマッハシステムは壁付エアコンを1台設置するのみですので、フロアがスッキリとし、季節家電によって収納場所がかさばるということもございません(*^-^*)

また、灯油代もかからず、現在も高騰し続けている電気料金もかなりお安く抑えることができます☆(具体的な電気料金については実例もございますので気になる方はお問合せ下さい!)

日に日に寒くなっていくこの時期は、秋田ハウスのマッハシステムをご体感頂くのにうってつけの季節です!
ぜひ展示場に足をお運び頂けたらと思います。
ホームページでのお問い合せにもご対応させて頂きますので、皆様お気軽にご質問やご相談をお寄せください♪
20221110150739-itou.jpg
本日は、伊藤がお送り致しました。
Icon of kobayashi
『イベント開催予告』

こんにちは!
本日は営業の小林がお送り致します♪

今回は当社さきがけ展示場のイベント予告です!
12月~1月頃、随時開催にて、暖房体験会の開催を予定しております。

ご来場いただけた方には暖かさのご体感はもちろん、どの様にしてその暖かさを実現出来ているのか、
仕組みや構造をご説明をさせていただくイベントとなっております。

本当の寒い時期の今しか体験できない貴重なイベントでございますので、
これから新築をご検討の方はぜひお気軽にご来場下さればと思います。

本日は営業の小林がお送り致しました!
20221115184124-kobayashi.jpg
Icon of satou
冬への備え

最近、めっきり寒くなりましたね。

キレイな紅葉も、そろそろ見納めですね。
20221117150830-satou.jpg

展示場の庭では、レンガチップの上にモミジが落ちていて、
秋田ハウスならではの光景となっておりました。
202211171508301-satou.jpg

その一方、雨が降って、風が吹いて、
どっさりと溜まる落ち葉に少し辟易しておりましたが、
今となっては、葉っぱの無くなった落葉樹から
しばしのお別れと冬の訪れを告げられているようで、
急に淋しさを感じてしまいます。
また来年、新緑や紅葉を楽しみたいものです。

さて、冬を迎えるにあたり、
色々と備えていきたいですね。

お車のタイヤ交換はお済みでしょうか?
先日、出勤時にフロントガラスが凍り付いていたため、
焦ってしまいました。
お仕事で車を使われる方はもちろん、通勤で使われる方も、
お早目にタイヤとワイパーの交換をお済ませ頂くと安心ですね。

また、積雪に備えて、家のまわりを片付けておいたり、
冬の災害に備えて、停電時の暖房器具や
備蓄品をチェックしたり・・・。
本格的に寒くなる前に、冬の備えをしておきたいですね。

本日のブログは、佐藤が担当致しました。
Icon of abe
雪ももうすぐですかね?

こんにちは!

秋田ハウスです。

寒空が続き初雪ももうすぐですね。
雪は好きなのですが、降りすぎるとさすがに除雪などの手間が増えてしまうので
適度に降ってほしいところです。。。

さて、寒い日ほど秋田ハウスのマッハシステムで
どれくらい温まるのかを体感できる良い機会になります!

さきがけ展示場では冷暖房体感や煉瓦積みの内部なども見ることができます♪

20220927111904-itou.jpg

気になる方はぜひ一度ご来場くださいませ!

本日のブログは総務経理 阿部が担当いたしました。

阿部
Icon of itou
レンガが地震に強いわけ

こんにちは!秋田ハウスです。
本日は工務課の伊藤がお送り致します。

先日、TVで東京駅の外観が取り上げられており、秋田ハウスでも大人気のカラー「ロゼ」
色味がとても似ているなあと思って眺めていました(^-^)
20221125112649-itou.png

そういえば富岡製紙場や北海道庁旧本舎も赤レンガですね!
レンガならではの重厚感ある佇まいに写真を眺めているだけでうっとりしてしまいます。
202211251126494-itou.jpg

レンガが日本に導入された歴史を紐解いてみると、当初はあまり耐震面が支持されていなかったことがわかりました。
関東大震災以前のレンガ造は、レンガと躯体の中空層をモルタルで充填する「中実積み工法」と呼ばれ、地震が起きた際に建物躯体とレンガとが
一緒に揺れて崩れてしまうことで被害が多かったといいます。
しかし、この関東大震災での被害を教訓に、レンガ積み工法が大きく見直されました。

レンガに空いている穴を利用し、レンガの内部に基礎から立ち上げた鉄筋が縦横に走っている状態にして躯体から離す「中空積み工法」にすることで、
躯体の揺れの影響を外壁材へ及ぼさないという仕組みです。
202211251126493-itou.jpg
秋田ハウスのレンガ積みも「中空積み工法」を採用しております。
躯体とレンガとの間は、地震が起きても相互が剝がれないよう、ウォールタイというステンレス製の頑丈な金物でしっかりと保持することにより、
揺れが生じても相互がくっついたまま別々の動きをしてくれます。
これにより躯体への荷重負担が少なくて済む、という仕組みとなっております。
断面をご覧頂くとよりわかりやすいかもしれません(^-^)
202211251126491-itou.jpg
レンガ=重い=地震に弱い・・とまだまだ誤解されやすいレンガ造りですが、当社の建物はこの工法により、レンガでも揺れない、むしろレンガだからこそ地震に強い家を造っております!!
レンガの建物は耐震性だけでなく、まだまだ魅力があります・・☆
気になった方はぜひお気軽にお問合せ下さい♪

最近の楽しみは・・娘と折り紙をすることです。折っている間に無心になるのがやみつきでハマってしまいました(笑)
202211251126492-itou.jpg
息子は外を眺めてまどろむのが好きなようです(^-^)
20221125112649-itou.jpg
本日は、伊藤がお送り致しました。
Icon of katou
いよいよですね!

こんにちは(^^) 秋田ハウスです。

いよいよ、天気予報に雪マークが登場するようになりましたね!
皆さま、冬支度を着々と進めておられることと思います。
冬支度として、タイヤ交換を思い出す方も多いでしょうか。
私は今年、出遅れてしまい、予約に苦労しました…
ところで、皆さまはタイヤ交換時期をどのように決めておられるでしょうか?

20221125145014-katou.png

少し調べたところ、タイヤの交換時期の目安についての情報を見つけました。
それによると、「気温7度が交換の目安」だそうです。
なぜかというと、サマータイヤは気温7度以下ではゴムが固くなり、グリップ力が低下するのに対して、スタッドレスタイヤはサマータイヤよりゴムが柔らかいため、7度以下でこそグリップ力を発揮できるのだとか…。
今後は気温7度を忘れずに、早めのタイヤ交換をしようと決心致しました(^_^;)

さて、さきがけ展示場では、これからの本格的な冬の時期こそ、暖房体感していただけます。
皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。



本日のブログは展示場 加藤が担当しました。

2022年12月 この範囲を新しい順で読む この範囲をファイルに出力する

Icon of abe
いよいよ冬ですね!

こんにちは!
秋田ハウスです。

先週末はついに積雪がありましたね。
いよいよ本格的な冬の到来です。

雪寄せ初日は溶けかけの雪でとても重く、一日で筋肉痛になりました・・・
先が思いやられますね;;

さて、外はどうしようもありませんが
せめてお家の中は暖かく過ごしたいですね!

秋田ハウスのマッハシステムではこれからの季節でも家中暖かく過ごせます♪
20220809124801-itou.jpg

さきがけ展示場ではマッハシステムの暖房を体感することもできますので
気になる方はぜひ一度ご来場くださいませ!!
20220927111904-itou.jpg

本日のブログは総務経理阿部が担当いたしました。
Icon of satou
冬も健康・快適に

こんにちは
秋田ハウスです。

いよいよ師走ですね。
年齢のせいか、一年があっという間という感じがします。

冬への備えとして、
早目にタイヤ交換へ行ったのですが、
タイヤが硬くなっているとのこと・・・。
あれ?前回買い替えなかったっけ・・・?
いや、残念ながら、私が買い替えたのは夏タイヤだったのです。
寒い時期にタイヤを買い替えた記憶はあったのですが、
それは春のことだったらしく、ただただ勘違いをして思い込んでいました。
とりあえず一旦持ち込んだスタッドレスタイヤに交換をして、
後日改めて新しいスタッドレスタイヤに交換するという、
無駄な時間と労力を消費してしまうことに・・・。
20221201100759-satou.png
思い込みって恐ろしい・・・と思いつつ、
それでも早目に新しいスタッドレスタイヤに交換出来たので、
良しとすることにしました。

また、冬への備えとして、
新型コロナウィルスとインフルエンザのワクチン接種を行いましたが、
11月末の冷えと乾燥が強まったタイミングで、
あっさりと風邪を引いてしまいました。
予防策は同じだと思いますが、どこかに大きな穴が開いているのでしょう・・・。
この冬は、出来るだけ体調を崩さないよう、より一層気を付けたいです。

さて、失敗談ばかりになってしまいましたが、
毎日を過ごす住宅の環境は、健康にとって、とても大切です。
冬は、新型コロナウィルス、インフルエンザ、風邪など、
罹りたくない病気がいっぱいあります。
しっかり換気したいと思いつつも、寒いのは嫌ですよね。
秋田ハウスの住宅は、暖房した空気の熱を回収しながら換気を行っており、
寒くない上に、無駄がありません!
さらに、外張断熱とマッハシステムによる全館暖冷房で、
家中温かく、さらに足元も温かくなっております。
ヒートショックを起こさない、健康・快適な住宅を、
秋田ハウスの展示場でご体感ください!
20221201100335-satou.jpg

本日のブログは、佐藤が担当致しました。
Icon of itou
格子入りサッシ、人気です

こんにちは!秋田ハウスです。
本日は工務課の伊藤がお送り致します。

先週12月1日、月が変わった瞬間に積雪がありましたね。
202212091347094-itou.jpg
次に積もるのはいつかとハラハラしますが、雪かきで運動不足を解消したいと意気込んでおります(笑)

今朝は雪かきこそなかったものの、いつもより早起きをして子どものお弁当作りに奮闘しておりました。
202212091347095-itou.jpg
エルモのキャラ弁です。
初めて子どもにお弁当を作ったのですが、なかなか大変でした(笑)反応が楽しみです。

さて、タイトル通り、最近の当社の新築物件に「格子入りサッシ」をお選び頂くことが増えております。
現在横手市で建築中のお客様と、先日秋田市でご契約を頂きましたお客様もこの格子入りサッシをご採用頂いております(^^)
格子入りサッシとは、ガラス内部にタテ・ヨコに桟が入るサッシを表しています。
20221209134709-itou.jpg
(写真:YKKAP HPより)

どちらかと言えば私たちがご提案させて頂くよりかは、お客様ご自身が雑誌等で情報収集をされ、このサッシの存在をご存知で、元々強くご希望されている方が多いように見受けられます。
秋田ハウスの外観は何よりも煉瓦が第一の特長ですが、煉瓦がより映えるような外観づくりにもこだわっております。
住宅内部が快適なのはもちろんのこと、外観もサッシ配列にリズムを付けたりシンメトリーにしたり、可能な限り1階2階の各サッシを縦揃いとなるよう配置したり、
室外機は道路側を避けて極力目立たないように配置計画をしたり等々・・、外から見た美しさにもこだわってご提案をさせて頂いております。

202212091347091-itou.jpg
格子入りサッシは、そんな外観美を叶えたいお客様にオススメのアイテムとなっております!(^-^)
写真は全て、当社パンプレットの「外観集」掲載の物件より抜粋をした、格子入りサッシをご採用されたお宅です。
202212091347092-itou.jpg

格子は内側ガラスと外側ガラスの間にある中空層に内蔵されているため、ホコリなども溜まる心配がなく、基本的にお手入れ不要です。
20221209135115-itou.jpg
上のYKK複層ガラスの図では、わかりやすいよう格子がやや太めに描かれているようですが、実物はもっと細いため、窓から外を眺めるのに支障を来す、というようなこともございません。
通常サッシより若干差額は生じるものの、比較的お求めやすい価格のため、道路面や人目に触れる面のみに局所採用をするなど、工夫して取り入れる方も多くいらっしゃいます(^-^)☆

格子入りサッシは時代や年代を問わず根強い人気で、複層ガラスだけでなく、トリプルガラスにも格子入りの商品がございます(※サイズによっては格子がない規格もございます)。
202212091347093-itou.jpg
秋田ハウスでは性能面へのこだわりはもちろんのこと、少しでもお客様が思い描いている理想のマイホームに近付けるよう、意匠面でもご予算の許す限り、
商品選定やプランニングなどご協力をさせて頂きます。
今後も各建材メーカーから届いた新商品のご紹介や、お客様にとってより良い情報などを共有させて頂きますのでよろしくお願い致します(*^-^*)

本日は、伊藤がお送り致しました。
Icon of abe
最強寒波だそうです。

こんにちは!秋田ハウスです。

ニュースで昨晩より今季最強寒波が到来すると報じられておりましたね。
朝起きてみてそこまで雪は積もっていなかったので一安心でしたが、布団から出るのが億劫でした・・・

我が家はマッハシステムのように全館冷暖房というわけでもなく、高気密高断熱住宅というわけでもないので冬場は冷えるところはがっつり冷えてしまいます。

各部屋ごとに温度差があると壁内結露などの原因となるためお家のためにもよくないです。
マッハシステムでは屋根裏、床下含め全館に風を送り込むのでそういった結露の原因となる温度差が出来にくいです。

20220526085529-itou.gif

家中快適な空間となりますので、これからの季節よりお勧めです♪

さきがけ展示場では暖房体感もできますので是非一度ご来場くださいませ。

本日のブログは総務経理阿部が担当いたしました。
Icon of katou
冬も健康に(^^)

こんにちは(^^) 秋田ハウスです。
すっかり冬らしくなりましたね。
冬に体調をくずしやすい私は、この時期を健康に乗り切れるよう対策を検討しております!

その一つですが、ココアを「ミロ」にかえました♪
皆さま、ミロをご存知でしょうか?
子どもの頃に飲んでいたという方が多いのではないかと思います。
私も、ミロで成長しました(^^)
長年、子どもの為の飲み物だと思っておりましたが、近年は大人用としても見直されているようです。

20221216102420-katou.jpg

現代の食生活でなかなか摂取が難しいカルシウムや鉄が「ミロ」にはたくさん含まれており、カルシウムの吸収を助ける効果のあるビタミンDも豊富に含まれています。
さらに、大麦エキスと2種のミネラル(カルシウム、鉄)と6種のビタミン(ビタミンB2、B6、B12、D、C、ナイアシン)が含まれております。
なんだか、体に良さそうですよね!
「ミロ」の特長の大麦エキスも、種子の中に発芽のために必要な栄養を豊富に生成されたものを抽出したものですので、疲労回復にも良いのではと期待しております。

現在は、大人用やスティックタイプ、さらにチョコも販売されているようです。
選べるのも嬉しいですね♪

さて、冬本番のこれからが、暖房体感には良い時期です!
さきがけ展示場で、皆さまのご来場をお待ちしております。



本日のブログは展示場 加藤が担当しました。


Icon of satou
ヒートショックにご用心

こんにちは
秋田ハウスです。

先週は寒波の影響で、路面がガチガチに凍り、
さらに強風に煽られ、怖い思いをしました。
202212191415491-satou.png
路面凍結による事故や怪我には気を付けたいですね。

寒いこの時期、事故と共に気を付けたいのが、ヒートショックです。
暖房された建物から屋外に出る時はもちろん、家の中でも注意が必要です。
全館暖冷房でない場合、廊下や水廻りなどを意識して暖房するようにして、
寒暖差をつくらないようにしたり、
温かい部屋から出る際に、一枚多く羽織るようにしたり・・・。
特に、お風呂と脱衣室は、入浴前に温めておくよう心がけて、
ヒートショックを防ぎたいところです。
20221219141549-satou.png

さて、秋田ハウスの住宅は、暖房した空気を床下にも送り込むことで、
足元から家中が温かく、ヒートショックを起こさない、
健康・快適な住宅となっております。
ぜひ、秋田ハウスの展示場で、温かさをご体感ください!

展示場では、クリスマスの飾り付けで、皆様のお越しをお待ちしております。

本日のブログは、佐藤が担当致しました。
Icon of katou
そろそろですね

こんにちは(^^) 秋田ハウスです。

今年も残りわずかになりましたね。
皆さま、今年はどんな一年だったでしょうか?
私は、あっという間に過ぎてしまった一年でした…(^^;
もう少し目標を立てて頑張れば良かったのではと反省しているところです。
とりあえず、運動不足なので、この冬も展示場まわりの雪かきを頑張りたいと思います!

20221223143505-katou.png

さて、雪といえば、車が立ち往生してしまうこともありますね。
車内にはどんなものを備えておくと良いでしょうか。
例えば、タイヤチェーンやスコップ、ブースターケーブルなどがありますね。
それに加えて、毛布や少しの食料などがあると安心でしょうか…
この冬も、安全に過ごせるよう、気を付けてまいりましょう(^^)

さきがけ展示場では、暖房体感にちょうど良い時期となっております。
皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。


本日のブログは展示場 加藤が担当しました。
Icon of itou
今年も1年ありがとうございました

こんにちは!秋田ハウスです。
本日は工務課の伊藤がお送り致します。

先日、パナソニックのホームページにこのようなものを見つけました。
202212281022271-itou.jpg
床や内部建具、階段などのコーディネートができるページで、ワンクリックで自由に色味を変えられるものです。

手始めに、リビングを編集してみました。左は編集前、右は私がカラーチェンジしたものです。
202212281022272-itou.jpg
左のナチュラルで爽やかなイメージに対して、編集後はシックで落ち着いた雰囲気になりました。
同じ空間なのにまるで別空間のような印象となりましたね。

このページ上では、紙面でのコーディネートブックでは再現しきれなかった、巾木や側板、階段手すりの色までチェンジできてしまいます。
202212281022273-itou.jpg
部屋に対してこれらが占める表面積はわずかなものの、画像のように濃い・淡いで印象が大きく変わりますよね。
これらの部材は、少しでも空間をすっきり広く見せたいという理由からホワイトをお選び頂くお客様も多くいらっしゃいます。
気になる方はぜひ、ページを開いてシミレーションしてみて下さい♪
参照:【『パナソニック カラーコーディネイション』https://sumai.panasonic.jp/coordination/

もちろん、当社でも色柄打合せの際、こうした内部造作部材のカラーを1つ1つお好みのカラーにカスタマイズすることが可能です。
自分好みにカスタマイズ・・・注文住宅の醍醐味ですよね☆

思ったよりハマってしまい別の部屋でも試してしまいました。玄関まわりです!
202212281022274-itou.jpg
玄関収納の取手色・形状や天板もチェンジすることができます。
あえて対照的なイメージとなるように狙ってみましたが、それぞれどのようなイメージを持たれましたか?
この空間にご自身を置いてみて、実際に扉を開け閉めしたりとイメージしてみるのも楽しそうですね(^▽^)


さて、あっという間に今年も残すところあと数日となりました。
皆様、今年はご自身にとってどのような1年だったでしょうか。
私はというと、2022年の年明け早々、子どもの付添い入院により休業を余儀なくされ、なかなかもどかしいスタートでしたが、おかげさまで普段通りの生活に戻ることができた今は、何でもない日常のありがたさに気付くことができました。
復職後は以前と変わらず業務を任せて頂けたり、悔しさをバネに臨んだ資格試験で合格率15%の枠に入ることができたりと、出だしこそ停滞気味でしたが悪いことばかりではないなあと感謝が湧いた年でもありました。
沢山の出来事が凝縮された1年でしたが、こうして平穏に社会生活を送ることができているのも支えてくださる方々やお客様のおかげです。
皆様改めまして秋田ハウスを選んで頂きまして、誠にありがとうございます!
来年も自分らしくステップアップをしていきたいと思いますので、皆様どうぞ来年も引き続きよろしくお願い致します(^-^)

20221228102227-itou.jpg
少し早いですが、良いお年を・・!
本日は、伊藤がお送り致しました。








■秋田ハウス・ブログ

「煉瓦積みの家」に関する情報だけでなく、日々のちよっとした感想などもお届けします。

編集

■全文検索:

複合検索窓に切り替える

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■ハッシュタグ:

  • ハッシュタグは見つかりませんでした。(または、まだ集計されていません。)

■日付検索:

■カレンダー:

2022年10月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

■カテゴリ:

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年3月4日(月) 15時20分09秒